FC2ブログ

ストロー型複数憑依器3

――わかば――
 

 夕方にストローを使ってから時間が経ち、既に日が沈んでいた。
 今の僕は『泡』の状態で空中に浮かんでいる。
 少し軌道がふわふわしているが、自分の意思で自由に動けてる。
(結構楽しいし、そのまま漂ってたいな。)
 最も、潰されたり、強い衝撃を与えられない限り、何もせずにいれば半日で割れるらしく、それまでに身体を見つけなければいけない。
 とりあえず適当に見つけたアパートの窓があいてる部屋の中を覗いていく。
 男性・ブサイク・男性・男性・タイプじゃない・性別不明…
(お、この人良いかも!) 
 誰かと楽しそうに電話している女性。
 お姉さん系の美人で、巨乳。
 好みのタイプだ。
 電話口から漏れ聞こえる声や会話から、どうやら女友達と電話中らしい。
 会話内容や部屋の雰囲気から彼氏がいる気配が無い。
(この人にしよう。)
 一気に近づいて口から侵入、身体の中へ進んで行く。
 泡がはじけて全身に広がる感覚―
「――!」
 次の瞬間、『僕』は携帯電話を握っていた。
『どうかした?変な声出してたけど?』
 電話の向こうから『同僚のOL友達』の声。
 やった!成功したぞ!
「――ううん。何でもないよ。」
 嬉しさのあまり声に出して笑いたいのを我慢する。
『そう?なら良いけど―』
「あ、ごめん!えっと…チャ、チャイムが鳴ったの!また明日ね!」
『え?分かった。じゃああし』
 まだ女性の記憶がはっきり分からないので、ボロが出る前に、そして何より…
「あは、あはは!」
 興奮のあまり耐えきれず声に出してしまう前に電話を切った。
「成功だ!おっぱいだ!」
 迷わず鷲掴みする。
 ラフな服装なおかげで、柔らかい感触がダイレクトに伝わってくる。
「おお!すごい…」
 これが女性の―わかばさん―の胸の感触。
 学生時代にいた彼や、半年前に別れた彼氏もこの胸が大好きだったなあ…
 あ、もう記憶が読めるようになってきたみたいだ。
「……ふふ、こんな感じかしら。」
 自然とわかばさんの口調でしゃべれる。
 これで誰も中身が変わったと気が付かない。
「ふふ♪じゃあ早速私の身体を…」
 
――――――
 
「夢じゃないって証明してあげよっか?」
 女性5人(全員中身同じ)に委縮している僕に近づく。
 チャックを降ろして、双葉さんとそれ以外の今日初めて見る『僕』達でムスコを眺める。
「やっぱり元カレより大きい…」
 しっかりそそり立っているソレは、『僕』自身は自覚してなかったがなかなかの大きさだ。
 恥ずかしさから顔を真っ赤にして興奮しているのを否定する『僕』。
 他人のから見るとこんな顔なんだ…
「そ、そんな分け…」
 ナルシストでは無いが、悪くない顔だ。
 『私』的には結構アリだ。
「えっと…わかばさん?」
 こっちの視線に気が付いた『僕』へにっこりと「わかばさんらしく」笑いながら、意識せず自然な手つきでブラのホックを外して床へ投げ捨てる。
「す、凄い綺麗…!」
 『僕』がわかばさんの胸をじっと眺めながら呟いた。
 わかばさんの影響なのか、背中にゾクゾクした快感が走って興奮してきた。
「て、うわぁ!?」
 僕の胸に見とれている隙に、自分の両手で自慢の胸を掴んで固定し、立派にそそり立った『自分の』ムスコを胸で挟む。
 胸に伝わる手のひらの柔らかい感触と、胸に挟んだ熱くて堅い感触を堪能する。
「うあぁ…」
 初めての感覚に呻くような変な声を出してる。
「ふふ…どう?夢だったパイズリは?」
 巨乳好きの僕はコレをやってもらうのが夢だったが、まさかやる側になるとは思わなかった。
「す、すごい…柔らかくて…うぅっ」
 わかばさん自身がパイズリに馴れているから、記憶に身を任せるだけで『僕』のチン●を上手にしごける。
「うぅっ…すご…気持ちいい…っ…で、出そう…っ!」
「あっ、まだ出しちゃだめよ…はむ。」
 そう言って、胸に挟みこんだ『僕』のムスコの先を口に咥えた。
「ううっ…はぁ、はぁ…」
「れろっちゅっ、ちゅくっ、…」
 舌先で息子の先っぽを優しく舐める。
「う、うわあぁ!」
「んぅ、んうぅっ!」
 あっという間に口の中に出してしまった子種をゴクリと飲み込む。
「ふふ…自分の子種を飲み込むって変な感じね。」
 口元に溢れた分を舐め取る。
「……」
「おーい『僕』?」
 此方が声をかけているのに気付いていない。
 唐突な初体験が終わって茫然としているみたいだ。

「よくそんなの飲めるな。」
 後ろで一部始終を見ていた『双葉さん』が聞いてくる。
 自分の子種をそんなのはないだろ。
「なんか、半年位前まで付き合ってた元彼がこういうの好きだったらしいよ?僕としてはあんまりおいしくないけど、『わかばさん』は結構好きみたい。」
 『僕』の意識とわかばさん身体の相性は五人の中でも特に良いみたいだ。
 そのお陰で、『僕』のままだといくら自分の物でも抵抗があるパイズリもフェラも、わかばさんの影響で抵抗なく出来るようになった。
 
「ほら、しっかりしてよ。まだ私が満足して無いのよ。」
 そう言って今度は『僕』に跨った。
 
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

身体を物色し、気に入った人への憑依!
電話越しの相手は何も気づかないという状況にも興奮しました!
乗っ取られた五人の経緯がどんどん明かされていく形式で、これからも楽しみです

Re: No title

> 身体を物色し、気に入った人への憑依!
> 電話越しの相手は何も気づかないという状況にも興奮しました!
> 乗っ取られた五人の経緯がどんどん明かされていく形式で、これからも楽しみです

(^^)/\(^^)
残りの三人もお楽しみ下さい!
プロフィール

N.D

Author:N.D
TSFで特に憑依が大好物です!あまり更新するか分かりませんが、以前書いた小説とかを載せてく予定です。


リンク自由なので寧ろお願いします

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる